« H22年第8回全員協議会 | トップページ | H22第2回公共交通協議会の補足 »

2010年8月 7日 (土)

H22第2回公共交通協議会

 8月5日に開催された第2回公共交通問題協議会について私の記憶の範囲内でまとめてみました。少し時間が経てば江田島市HPに議事録・配布資料等が掲載されます。

【協議】
 交通空白不便地域モデル地区における運航計画(案)→質疑のあと承認される。

 ※市HP広報えたじま8月号(P15)誌でデマンドタクシーの愛称を募集しています。(市内小学校にも依頼してます。)

○事業概要(H22年度)
  H22年10月1日からH23年3月31日まで、江田島町(大須・幸ノ浦・エセギ地区)及び沖美町(全域)において10乗りジャンボタクシーでデマンド形式(予約乗合)の試験運行を行う。事業予算840万円

 営業区域: 江田島地区-大須・幸ノ浦・エセギ~切串中心部
         沖美地区(北回り)-美能・高祖・三吉~三高港・中町港
         沖美地区(南回り)-是長・畑・岡大王~中町港・三高港

 運行日数: 3地区それぞれ週2日
 運行便数: 一日4便(4往復)
 運行形態: デマンド形式(予約乗合方式)
 予約方法: 前日17時までに各事業者へ、電話・ファックスの事前予約
 料金   : 大人1乗車300円、小学生以下1乗車150円の均一運賃
 利用目標: のべ16人/1日

○契約相手方
 地域の実情を把握している地元タクシー事業者に運行を依頼することで、利用者の利便性向上を図る。広島県タクシー協会江能支部と協議し、次の事業者と随意契約をする。
 江田島地区: ㈱江田島タクシー
 沖美地区(北回り): 三高タクシー
 沖美地区(南回り): ㈲能美タクシー

【委員からの質疑に対するもの】
・基本的には公共施設・病院・商店などが停車ポイント。自宅までの迎えはなく、最寄りの停車ポイント。週2日サービスは事前のアンケート等によるもの。
・事前予約でなく当日はどうか。→予約ルールとしては事前予約。中には当日予約・キャンセルもあるだろう。登録制度も検討。
・地域住民の説明はどうか。→自治会長と相談。他団体(女性会・老人クラブ)にもお願いする。
・利用者はほぼ決まった人になるだろう。運転手も固定したほうがコミュニケーションがうまく図れるのでは?→(一事業者からのコメント)2~3名程度で固定したい。
・運輸局からは手続き(停車ポイント、定期運行の路線などの乗合許可)日程についてどうか。→運輸局窓口と事前に協議しながら10月1日スタートを目指す。
・予約がなければどうか。→往路・復路で予約がなければ運休する。
・10乗りジャンボタクシーのリース形態は?→事業者(タクシー会社)とリース会社が3年間の契約を締結し、リース料金を協議会が支給。

【今後の展開】
・試験運行中の利用状況や利用者の意見などにより必要に応じた見直しを行い、本格運行への移行を判断する。
・他地域においても移動手段の確保にかかる検討を行う。

|

« H22年第8回全員協議会 | トップページ | H22第2回公共交通協議会の補足 »

交通問題(船・バスなど)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H22第2回公共交通協議会:

« H22年第8回全員協議会 | トップページ | H22第2回公共交通協議会の補足 »