« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

江能修友会総会 2010

晴れ

 高校の同総会江田島支部の総会がありました。今年は能美海上ロッジを会場とし、28名の会員の皆さんが旧交を温めました。

 ひさびさの江田島市内での開催で、例年参加されていなかった方々も参加して頂くことができ楽しいひと時を過ごしました。来年も同じ場所で開催しようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

土地開発公社理事会など

晴れ

 13:30から土地開発公社の理事会に出席。行政が長期的な計画にもとづき土地などの先行取得にさいして土地開発公社というものを利用します。約1億1000万円で運動公園土地を約7haほど大柿町飛渡瀬に所有しています。現在の運動公園に隣接する土地で野球場を整備する計画となっていますが実現は相当厳しいものがあります。

 その後、ふるさと交流館を訪問。今年4月から観光協会の事務局長をしている滝田さんに会ってきました。サイクリングが趣味で、江田島市のサイクリング・マップ(→ここをクリック)を作成されています30km、50km、70kmのコースがあり、広島市などからフェリーを利用したコース。たくさんの方が江田島市をおとづれるきっかけとなれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

H22第1回公共交通協議会

晴れ

 14:30から平成22年度第1回江田島市公共交通協議会に出席。

【報告】
(1)協議会規約の一部改正について
   今年度より江田島市市議会議長の指名する者(議員2名)を委員とするため規約変更。
(2)秋月~呉中央航路の現状について
   市が補助金を出して7月~10月まで社会実験することの説明。
【協議事項】
(1)平成21年度歳入歳出決算について
(2)平成22年度予算について
(3)平成22年度事業計画について

 計画している事業は5項目あります。

 1.西能美航路の合理化・効率化     ・・・1879万5千円
 2.交通空白不便地域への移動手段確保・・・1507万8千円
 3.インターネット等による情報提供の充実・・・ 252万円
 4.市内外の観光施設とタイアップした観光ルートの開発・・・157万5千円
 5.サイクル&シップライド型エコツーリングの推進・・・252万円

 4.については、県が企画している観光事業にのっかる面白いものがあります。7月の土日祝日(10回)に宮島~江田島を高速艇で結ぼう、とういもの。そのうち3回は術科学校の第3桟橋に寄港、7回は小用港ということです。小用港についた場合、チャーターバスを利用しての観光(術科学校、シーサイド温泉のうみなど)を模索しています。7月までに時間がない!そうそうに決定してPRをしなければ。(県だのみですが。。。)

 5.についてはサイクリング・マップを1万部作成する予定。委員よりサイクリング協会などの協力を得てはどうか、という案も。サイルクショップや港だけでなく、県内の公共施設にサイクリング・マップを置いてもらうことも検討。実際にサイクリングをする人たちに目に留まらなければ意味がない。また、江田島市から広島・呉市を結ぶフェリー・ダイヤも記載しておくことを忘れてはいけません。

  この協議会は3年間を目途に事業計画の立案・実施・検証をしていくものです。江田島市民に限らず、多くの意見がほしいところ。ぜひ貴重なご意見をください!次回は議会の6月定例会後の7月上旬予定。(市の補正予算の関係です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

公共交通協議会のメンバーに

晴れ時々くもり

 昨日の全員協議会でのことですが、江田島市公共交通協議会(会長:正井副市長)より議会推薦の委員を、ということで2名の議員が法定協議会メンバーになります。(交通問題調査特別委員長の登地議員と産業建設常任委員長の私。※産業建設常任委員会は交通船事業を管掌しています。)

 昨年9月定例会で、私が『市民の代表である議員も委員に入れては?』という質問をしたときに、市の回答は『常任委員会や特別委員会で議論を。』ということで、結局、議員が協議会委員になることはありませんでした。

 なぜ平成22年度になって、議会へ委員を2名推薦してほしいという要請となったのか。次回の協議会で確認できれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

秋月-呉航路について

晴れ

 13:30から第6回全員協議会に出席。主なものとしては、秋月~呉航路についての市の支援について。便数の削減、人件費圧縮(25%)などの企業努力および運賃値上げ(80円)の試算により、月間140万円の赤字という数字がでてきました。

 江田島町自治会連合会の嘆願書(4月30日付け)も考慮した結果、市としては試算ダイヤによる4ヶ月間(7月~10月)の社会実験運航という対策を行います。(月140万を補助)

 実験終了後は、①航路存続、②3月までの運航(その後、航路廃止)、③11月以降は船便廃止、3月末までデマンド交通(タクシー会社など)という選択肢となります。②、③の場合は、来年4月以降については陸上交通(バス?)を運航するという大枠が提示されていますが、再度検討することになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

鳩山首相、辺野古移設を正式表明

 まとまった雨が降った一日でした。家庭菜園の手入れをほんの少し。気がつくと雑草がどんどん伸びています。

 米軍の普天間基地問題。とうとう鳩山首相も辺野古移設を正式に表明しました。連立を組んでいる社民党がどういった対応をするのか注目するところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

どう考える

 まとまった雨が降った一日でした。今年に入って医療に関する小説、映画やテレビドラマなどに接する機会が多い。

 最近はチーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋を毎回観ています。医療現場を学ぶにはいい機会だと思ってます。(実際に携わっている方々からすると違う、という意見もあるかもしれません。)医師というのはすべての病気の専門家ではない、改めて認識します。

 法曹界も同じようなことがいえます。例えば、弁護士。全ての裁判案件について専門家というわけではありません。大まかに刑事訴訟・民事訴訟・行政訴訟に分かれるでしょうが、得意分野というのがあります。法律事務所も総合病院のように専門分野をもった弁護士の集まる総合事務所が増えてきているのではないだろうか。

 そして政治家。国会議員で○○族というのがある。(例えば、道路族。いわゆる族議員。特定の分野に精通している。)同じ志を持った集団が政党です。地方議会議員にしてもオールラウンド・プレイヤーというのは難しいが、同志が会派を構成し、相互に補完して総合力を発揮する。

 取り留めもなく書いてしまいました。それぞれの分野・組織・地域で同じようなことがいえるのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

週末はゆっくりと

晴れ

 先週からどうも風邪をひいてしまったようです。朝起きるとノドが痛い。体もなんとなくだるいのですが、はやく体調を整えなければ。

 5月24日に全員協議会が開かれます。議題としては交通体系と呉-秋月航路について。市の対応が報告されることになります。詳しい内容はまだ分かりませんが、議論伯仲するでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

改めて思う-ネット社会

晴れのちくもり

 朝は穏やかな晴れ。お昼過ぎより曇ってきました。ネット社会が進化していく過程で一人一人が情報発信源になり、双方向化へと向かってますがどこに行きつくのだろうか。

 ふと思うこと。HP→ブログ→ツイッターと更新(発信)回数は秒刻みとなり、双方向化もあいまって、情報はどんどん錯綜して情報に踊らされて(もしくは溺れて)いるのではないだろうか。私自身、時々不安に思うことがあります。

 ネット配信されるニュース、有名人のブログ記事、ラジオやテレビの報道などライブ中継された瞬間からネットではそれに関する論戦が繰り広げられます。こういったウネリも立派な世論になりえますが、ネットの匿名性がもつ危険もあります。

 人は匿名という特殊な環境では時に暴力的になりがちなのかもしれません。ネットはあくまでも不特定多数かつ繋がっている全世界に向けての情報発信である、ということを認識しなければ。先日のネット選挙解禁ですが、実際に解禁されるとどうなるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

ネット選挙解禁の動き

晴れ

 早ければ夏の参議院選挙からホームページ(HP)とブログの更新が解禁になりそうです。ただし、最近はやっているツイッターやメールでの選挙活動はダメ。公職選挙法改正の動きが具体化してきました。

 現行法では選挙期間中にHPやブログの更新は禁止されています。(更新して物議をかもしだした政治家の事例はありますが。。。)多くのネット解禁を希望する政治家同様、私もHPやブログで日々の活動報告、訴えたいことや演説予定などを公開したい、と思うことはしばしばありました。またそれを期待している有権者もいるのではないでしょうか。

 今回の法改正は候補者本人と政党に限り更新の実施ができる、というものになりそうですが運用面での議論はこれからです。一歩前進したことは歓迎すべきことなんですが、いわゆる、”成り済まし”や”ゴーストライター”が闊歩するようでは困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

どうなる海上交通

雨のちくもり

 午後からの交通問題調査特別委員会を傍聴しました。

(1)交通計画について

 3月策定の江田島市地域公共交通総合連携計画(江田島市公共交通協議会)についての概略説明。やはり中心的な質疑は西能美航路の合理化・効率化(説明資料→ここをクリック)。

 10月から半年間、フェリーは芸備商船の三高-宇品航路に集約。市はフェリーを休止し、中町・高田-宇品の高速船に特化し増便する。市営フェリーの休止で三高港の車両利用数を増加させることで芸備商船の収益向上を狙う。(市営船の不採算部門切り捨てとも、共倒れにならないためともいえる。また、市所有のフェリーを芸備商船に貸し出す案もある。)

 ただし、フェリーを集約したとしても、6月からの広島呉道路無料化の影響が懸念されます。新たなトピックとしては、これまでフェリーで取り扱っていた小荷物を高速船でも可能かどうか検討中とのこと。

 一部議員からも指摘があったが、公共交通協議会の代表者でもある副市長が別の公務のため出席されなかったことが残念です。

(2)公営船の運営状況について

 平成21年度の決算収支見込みが説明される。約5235万円の赤字。(今回は一般会計からの補助金はない。20年度は9000万円の補助金があって172万円の黒字。→実質8800万円の赤字であるから赤字幅の改善。)

 一般客が前年度に比べて53,154人減。高速客、定期客もそれぞれ28,745人、22,400人の減。(定期客は1枚で50人換算。)車両については21,361台の減。フェリーの減便や運賃値上げも影響しているだろうが、通勤・通学・通院など人口減も大きなファクターです。

 一部議員のなかから通勤などの補助金制度を設け、働く世代を島に呼び込むことも必要ではないか、という意見もでる。私見として、定住促進のため一定の所得制限を設けながら全航路で通勤・通学補助はやるべきだと思います。

※市営船: H20年10月からフェリー 12便→6便、高速船 22便→20便

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

災害からの復旧~宝持寺

晴れ

PhotoPhoto_2 大柿町大原にある曹洞宗のお寺、宝持寺金堂の上棟式にいってきました。平成11(1999)年6月29日の災害で寺ごと流されてから11年目となります。お寺の復旧に10年あまりの月日が必要でした。

 お寺だけでなく地域の方々によってようやくこの秋に金堂が復活することになりました。

※復旧に関するレポート➡こちら

 昨年の大原地区の水害もそうですが、災害というのはいつ起こるか分かりません。大原地区では梅雨まえに一度、訓練を行う予定となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

議運および産建委の現地視察

晴れ

 午前中は議会運営委員会に出席。国に対する地方議会議員年金制度についての要望書案について。市町村議会議員の年金財政は平成の大合併により議員数の大幅な減少で掛金収入が減り、一方で年金を受け取る元議員等が増加して平成23年度には破綻するともいわれています。この年金制度の持続を求めるものであり、詳細については別の機会に。

Photo_6 午後より産業建設常任委員会所管の新年度事業に関する現地視察をしました。来年度に広島県から権限移譲にともなって江田島市が管理する柿浦・深江・畑・美能(写真左)の4漁港および大柿港、県道改良工事3件など全部で13個所をまわりました。

2_6Photo_5 新規案件としての江田島市オリーブ構想。すでに呉市の民間会社が早瀬大橋付近の自社所有地1ヘクタールに2~5年物の幼木1,300本を植えており、道路を挟んだ土地1ヘクタールを新たに造成して(すでにとりかかっている)苗木を植えるそうです。

 収穫できるようになるのは8年物くらいだそうだ。昨年、柿浦小学校の校庭にあるオリーブの木から採取した実からは1リットル程度のオリーブオイルができたようです。(実の10分の1)

 尚、江田島市がオリーブ事業に参入する企業への応援条件案としては、(1)市内に本社を置く、(2)地元(企業)の資本が入っている、です。上記の民間会社は市内企業との合弁を模索しており、これとは別に市内の建設会社が2社ほど検討しているという。

 このオリーブ構想に向けて本年度は農地造成のために400万円の調査費を計上しており、現時点では来年度着工に向けて釣附地区(大柿町深江)に7ヘクタール、事業規模2億円(市負担は30%)の農地造成を検討している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

GW連休明け 2010

くもり

 GWは連日好天に恵まれていましたが、今日は一転、曇り空です。5月に入っての議会予定ですが、昨日時点で通知あるものは以下の通り。

5月 7日  議会運営員会・・・国への要望事項について
      産業建設常任委員会・・・所管の21年度事業現場視察
5月11日  交通問題調査特別委員会・・・交通計画、公営船の運営状況など

 例年5月末に江田島市(もともとは江田島町)にゆかりのある方々の集まりである東京古鷹会の総会・懇親会があります。歴代市長も毎年参加し、議員にも案内状が送られてきます。今年は5月30日(日)に開催される予定です。江田島市のHP(ここをクリック)にも掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

GWもおしまい 2010

晴れのちくもり

 この連休は天気にも恵まれて予定していたことをほぼ終えることができました。家庭菜園の手入れも少ししましたが、昨年植えていたエンドウマメも連日収穫するほどになり、エダマメも芽が出始めてきてます。ソラマメのサヤがどんどんふくらんできて収穫を楽しみにしています。

 先日、知り合いの方から、広電の路面電車の減便についてどう思うかと聞かれました。意表を突かれた質問でしたが、宇品港発着が減便となると、江田島市民にとっても通院・通学・買い物などで不便になってしまいます。

  ネットで調べてみると新聞などの記事は見当たりませんでしたが、こんなブログを発見したのでご参考まで。(→ブログ:路面電車を語ろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

福山へ

晴れ

 妻の実家に行く途中、3月に亡くなった友の実家を訪問。突然のことで通夜、葬儀に参列できなったので、この機会にご両親に挨拶してきました。

 私はまだ彼の死を実感することができない。5年前に出会ってから地方自治のあり方などを話し合ってきた仲間です。いまも彼からの電話がかかってくるのではないか、と思ってしまいます。彼の在りし日を仲間たちと語らう会が5月下旬にあります。彼の創ってきたネットワークは今も動いています。我々は彼のことを忘れはしないだろう。

201005021341000201005021739000 福山について、昼食にと尾道ラーメンの朱華園福山店に行く。昼時間を少し過ぎていましたが、お客様はひっきりなしに入ってくる。

 一年ぶりに食べましたが、やっぱりうまい。福山にくるとついつい足が向いてしまうお店です。 夕時に福山城を散歩。観光客はあまりいなく、閑散としていましたが心の落ち着くひと時を過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

5月になりました

晴れ

 いよいよ5月に突入です。とってもいい天気。朝から広島の漢方を処方する治療院に出かけました。

 まだ朝早いうちだったので行きはすんなりと到着。帰りは渋滞を予測して広島呉道路を利用。すいすいと呉まで戻ってきましたが、呉市内は連休のせいかいつもよりも車の数が多く感じられました。

 大和ミュージアムは沢山の観光客でにぎわってます。このゴールデンウウィークにはどれだけの人が江田島市を訪れてくれるだろう。潮干狩りの場所が今年は1ヵ所(江田島町切串)だけというのが少しさびしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »