« H21年初議会 | トップページ | 時代とは »

2009年11月12日 (木)

ひろしま創発塾分権セミナー

晴れ

200911091  NPO法人ひろしま創発塾の分権セミナーが11月29日に行われます。【県が動く、地域が動く、分権時代へ議会に新風 ~自分たちの地域の未来を、自分たちの意思と責任で決めるために】というのが今回のテーマ。
広島県内地方議会における先進事例として、3人の市議会議員が発表されます。

「選挙を戦う~マニフェストを掲げて・・・~」 高橋みさ子 廿日市市議
「改革への第一歩~一問一答方式の導入~」 荒井静彦 三原市議
「行政・住民とともに自ら変わる議会へ
 ~休日議会・一問一答方式・議会報告会~」 福岡誠志 三次市議

 事例発表のあと、「地方発~分権改革へわが街こそブランド自治、地方議会との協創」と題し、重徳和彦氏(内閣府行政刷新会議事務局参事官補佐、NPOひろしま創発塾理事)が基調講演をされます。興味のある方はぜひ参加してみてください。

 重徳氏は2006年から2年間、広島県財政室長をしていた私と同い年の総務官僚です。現在は今ニュースになっている行政刷新会議事務局で仕事をされています。人事異動のときに綴った想いはココをクリック。今回、久しぶりに彼とあって議論(?)を交わしてみたい。

|

« H21年初議会 | トップページ | 時代とは »

ひろしま創発塾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひろしま創発塾分権セミナー:

« H21年初議会 | トップページ | 時代とは »