« 考えてみる | トップページ | 27.14% »

2009年10月22日 (木)

はじめてみる中国船

091019cs 091019  先日の広島港に向かうフェリーからの2枚の写真です。左の写真は中国・上海市に本社を置く国営船会社である中国海運(集団)総公司(China Shipping Group Co.,Ltd.)グループの自動車輸送船です。右は商船三井の船。およそ5000台は積める船ではないかと思います。

 この船たちはマツダが輸出する車を積むために沖で待っています。今日、商船三井の船(右の写真)が岸壁に接岸していました。中国船(左の写真)はまだ沖合に停泊中でした。今回初めて中国の自動車専用船を広島湾でみました。(おそらくそれ以前から入港していたと思います。)

 15年ほど前は世界で自動車を輸送する専用船は日本の船会社(日本郵船・商船三井・川崎汽船など)が約8割を占め、残りを韓国と北欧の船会社が担っていましたが、世界の自動車輸送にも中国船社が進出しています。こういった業種にも中国の台頭がでていることに驚きを覚えたのは私だけでしょうか。

091019sky_aurora  左は今週月曜日に釜山で写した写真です。国内航空業界では日本のハブ空港問題が脚光を浴びています。(羽田空港の利用見直しなど) 

 港においては東アジアのハブ港として釜山と上海が雌雄を決しています。いま日本は巻き返しを図っているところです。(東京・横浜・名古屋・大阪・神戸港など)

|

« 考えてみる | トップページ | 27.14% »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめてみる中国船:

« 考えてみる | トップページ | 27.14% »