« ガソリンの値上げ | トップページ | 週末は雨 »

2008年6月27日 (金)

政局はどうなるの

晴れ

 夕刻、呉市で白鴎大学 福岡政行教授の講演を拝聴しました。題して【今後の政局を切る!】。サブプライムローン、原油高騰など今の世界経済の話題を織り交ぜながら、これから来年にいたる日本の政治がどうなるのか、といったことを教授のネットワークから得た情報をもとに分かりやすく説明してくださいました。

 洞爺湖サミット後、政界が動くようなこともあり得るとのこと。民主党に政権を渡してもいいのではないか、という地方の声は確かにあるようです。それだけ自民党離れが進んでいる。小泉改革によって、地方が切り捨てられた、と感じている多くの国民がいるということです。

 これから人口減社会がますます進みます。社会保障費が増え続けることがわかっている以上、消費税値上げ論争もこの秋くらいから本格化するのではないか。

|

« ガソリンの値上げ | トップページ | 週末は雨 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政局はどうなるの:

« ガソリンの値上げ | トップページ | 週末は雨 »