« 40年振りの快挙 | トップページ | すごいぞ!広陵 »

2007年8月20日 (月)

広島市議の市政報告会

晴れ

 昨夕の雨で昨夜は涼しかったですね。窓を開けて寝ていたら、朝方は肌寒さで目が覚めました。

 19:00~ 豊島岩白広島市議の市政報告会@西区庚午中央会館 に出席

 今年4月8日に執行された広島市議会議員選挙 西区で8,949票で堂々のトップ当選を果たされた豊島岩白(とよしま がんぱく)さん。2005年(平成17)2月5日に彼が主催する【注)谷川和穂氏を囲む会】で初めて会いました。

注)谷川和穂先生は元衆議院議員。(防衛庁長官、法務大臣を歴任。)

 豊島岩白さんはそのとき既に市議出馬を決意されており、まだ選挙まで2年余りの期間がありましたが、ほぼ毎日の早朝の街頭演説(朝立ち)や政治活動を熱心にされておりました。私より2学年下ですが、定期的には私にもメールマガジン(メルマガ)を配信してくださり、彼の熱い想いや志には感服しております。

 さて、本日の市政報告会ですが、総勢100名を超える支持者の方々が出席されておりました。20代の女性も数名おられ、各年代層の支持者の方々が豊島岩白さんへ期待されていることが十分認識できました。市議となられてまだ4ヶ月弱ですが、しっかりと支持者の方々へ説明されている行動はさすがです。これからもお互い切磋琢磨していこうと思っております。

 今日の気になる記事ですが、読売新聞の午後配信。

 ”社会経済生産性本部が全国の自治体を対象に実施したアンケート調査によると、最近3年間で半数近くの地方自治体で、うつ病などの「心の病」を抱える職員が増加傾向にあることが分かった。

 調査は4月、全国1874の自治体に実施され、727自治体が回答した。
 それによると、「この3年間で(職員の)心の病が増加した」と答えた自治体は47・7%に達した。職員数が1000人~2999人の自治体では64・7%、3000人以上では78・6%と、規模が大きい自治体ほど、その割合は大きくなっている。

 「心の病」による「1か月以上の休業者」がいる自治体は53・4%だった。年齢別では、「30歳代」が34・4%と最も多く、次いで「40歳代」が30・8%、「50歳代以上」が16・6%と続いている。”

|

« 40年振りの快挙 | トップページ | すごいぞ!広陵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島市議の市政報告会:

« 40年振りの快挙 | トップページ | すごいぞ!広陵 »