« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

4月も今日で最後です

晴れ

ゴールデンウィークの前半が終了します。

本日午前は市内の支援者と懇談。午後は姪っ子/甥っ子と戯れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

連休前の金曜日

晴れ

 今後の地方自治体の議会議員活動についてのミーティング出席@広島市

 参加者: 広島県議 佐藤一直氏、広島市議 豊島岩白氏
      廿日市市議 松本太郎氏

 その後、県庁内にある認定NPO法人 ジャパン・プラットフォーム 広島プロジェクト駐在の安岡儀晄マネージャーと会う。

16:00~ 広島県経営者協会主催の講演会@広島商工会議所ビル
      講師: 日本経団連 副会長 草刈 隆郎 氏(日本郵船会長)
      演題: 規制改革について

 私が新入社員の年に取締役になられた方です。現在、内閣府に設置してある規制改革会議 議長。財政難の日本国における行政改革を検討する民間人および大学人(教授など)で構成される会議です。消費者/生活者現場重視の視点で国に改革を提案する組織です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

くそみそ

晴れ

 タイトルの言葉はどこからきたのでしょう。

 【徳川家康】が初陣で【八丁味噌】を【戦時食】として携帯していたときのエピソードなのか、私の記憶の中での話です。

 【窮鼠猫を食む】。労わりのないというか、【人権を蹂躙する】対応をするのは【長】としてたつべきではない、というか、破滅への一歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

なつかしの友

晴れのち曇りのち雨

夕刻から雨が降り始めました。

有機的に友との連絡ができて有難い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

船の一生

晴れ

 本日、一人の女性を見送りました。“オギャーと生まれたときより知っている彼女”です。

 人間で言うと22歳のこれからの女性なのでしょうが、彼女は【船】であり、【船】の世界では“おばあさま”です。彼女はこれからCHINAでこれまで以上にがんばるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

ホッとした一日

土砂降り

凄かったですね。本日は山口県の笠戸島までいってきました。

5月末に総勢大挙して東京にいく予定が決まったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

天下り規制

晴れ

 地方公務員の再就職不正行為にも罰則規定を盛り込む【地方公務員法改正案】を総務省がまとめました。このような改正法案を取り纏めるということは、地方公務員の再就職においても不透明な部分がある、ということなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

いろいろな流れ

晴れ

 5月末に東京に行く予定です。

 学生時代の仲間、社会人同期とこの機会に会うべく日程を調整しております。

 社会人同期もそろそろ課長になりそうな年代。忙しそうです。

 大学同窓の東京在住メンバーも忙しそう。産休している外務省職員家族およびゼミ同期仲間と中野界隈で近況報告会をする予定。

 午後 議会広報特別委員会 出席

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

自衛艦隊が集まる!?

雨のちくもり

 いきなり冬将軍が戻ってきたような氷雨。(つめたいあめ)

 08:00前に呉 川原石南ふ頭に立っておりました。

 ひっきりなしの自衛艦隊の呉入港。呉在住の方からも異常なくらいおおい、というコメント。4月29日(昭和の日:祝日)の呉市みなとまつり、にしては。。。

 午後 江田島市議会全員協議会 出席。

追伸) 長崎市長のご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

どうなっているの?

晴れのちくもり

 日本時間の昼には米国の大学で32名の死者を出す乱射事件。最終的に加害者が自殺をする。

 一方では、長崎市長選挙の候補である現職が銃弾の被害者となっています。

 【事件】が起こるには【原因】があります。今回の2事件にもなんらかの原因(理由)があるのではないでしょうか。【犯罪】を処罰する法律として【刑法】というものがあります。

 これから裁判員制度が導入される予定の日本。【刑法の知識】を知らなければなりません。

刑法第199条(殺人)
人を殺した者は、死刑又は無期若しくは三年以上の懲役に処する。

 日常にある出来事で人が人を死なせた場合、まず、この条文と出会います。【うっかり、不注意】であれば、【過失】と認定されて刑が軽くなるでしょう。【殺してやろう】という思いがあっての殺人であれば、まさしく殺人罪。

 これから【裁判員制度】が始まります。【責任能力】と【故意/過失】の判断をどう解釈(認定)するか。これによって被告人の【量刑】が左右されます。つまり被告人の人生を決めてしまいます。同じ【人を殺した】罪を犯した犯罪者ではありますが、懲役10年と死刑ではその後の人生は大きく違います。

 例えば、仮の話として、米国の32人を殺害した人間(実際は自殺した。)が、【精神異常者】と判断されれば、【殺人行為】に対しての【責任能力がない】となり、裁判では【無罪】となるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

ぐずついた一日

くもり時々雨

朝からどんよりとした一日。20時過ぎてまとまった雨が降りました。

明日は有志議員勉強会と議会広報特別委員会に出席予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

神戸

晴れ

 金曜日より1年ぶりに神戸にいってまいりました。【港町】としては有名ですが、造船の町というのは意外と知られてないような気がします。

 三菱重工、川崎造船などそうそうたる造船所があります。

 神戸にて旧知の方々と会うことができたことはなによりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

10年後の日本

晴れ

タイトルにある文春新書をいま再び読み返す。

これからの我々の未来はどうなるのだろうか。いまおかれた状況でのベストを考えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

リフォーム

晴れ

 最近、父が30年近く経つ家の内装を日曜大工のごとく【板張り】しております。もともと日本建築ですが、内壁に杉などの板で舗装(表現はおかしいかな?)している。

 さて、風邪はまだ流行しているのでしょうか?

 19:30前に帰宅。宇品に住む妹の子供たち(姪・甥)が高熱をだしたという保育園の緊急連絡を父が受けたようでした。20:02 高田港着の江田島市営高速艇で姉弟2人がくる。

 私が高田港桟橋まで迎えに行きました。幼い2人は付き添いがない初めての船旅。心細かったことであろう。幼き2人を無事送ってくれた船員の方々に感謝します。

 高田港に船が着岸したとき、桟橋にいる船外の私を見て、姪っ子(姉)が安心した顔をして、船を降りる準備をしはじめました。宇品港から高田港まで高熱がありながら、お姉ちゃんという責任を果たしたのでしょう。

 船を降りるときから、もうすぐ6歳になる姉が同じくもうすぐ4歳の弟の手をしっかりと握って誘導していた。日頃はケンカしている姉弟だが、お姉ちゃんだなぁ、と思った次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

第一次 統一地方選挙 2007

晴れ

 昨日は地元神社の祭礼に参列。

 広島県においては県議会議員、広島市長、広島市議会議員の投票日でした。当選された方々は、これから各地域で4年間、住民のみなさまの期待に応えるべく頑張られることでしょう。

 本日午後、議会広報特別委員会の編集会議に出席。おおよそのレイアウトが決まりました。

 夕刻、呉市でありました、元構造改革特区大臣 鴻池祥肇(こうのいけ よしただ) 参議院議員 (日曜日お昼テレビ、やしきたかじん氏の【なんでも言って委員会】にでている関西弁の政治家。)の政経文化後援会に出席。【防衛】と【教育】についての貴重な講話を拝聴しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

やっと

晴れのちくもり

江田島市交通計画】が策定されました。合併して2年5か月。早急に改善すべきことはたくさんある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

花冷え??

晴れ

 サクラもそろそろピークでしょうか。青葉が出てきている木も見かけます。(大君から大原の坂道)

 靖国神社での花見(夜)が懐かしい。すごい人数です。千代田区2番町、英国大使館前の夜桜も美しい。意外と、東京はサクラが多い。皇居を取り囲むようにサクラの名所があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

寒かった

晴れ

 県北で雪がふる寒い一日でした。

 昨日午後は、広報特別委員会出席。【議会だより】の編集会議で17時過ぎまで江田島支所。おもしろい【議会だより】になります。こうご期待あれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

新年度の始まり 2007

はれ(黄砂がひどい)

 近年にない黄砂現象の一日でした。さて、今日より新年度の始まりです。みなさん心新たにされたことでしょう。

 約350億円の赤字を18年かけて返済する夕張市も再生をかけての出発です。

 江田島市はというと、平成19年度末予測の地方債残高279.8億円-積立基金残高39.2億円 = 借金は約240億円前後。江田島市としては基金を取り崩して、単年度の赤字こそありませんが、市民一人80万円の借金を抱えているといえます。県や国の借金を足すともっとすごいことになる。

 国債残高(2007年度末見込み)547兆円÷1億2700万人=国民一人当たり430万円、広島県債残高(2007年度末見込み)1兆9030億円(実質1兆5596億円)で県民一人当たり66.2万円(実質54.2万円)です。

 大雑把に言うと、江田島市民一人が抱えている借金は国+県+市=約564万円という数字になるのではないでしょうか。

 国債・県債・市債などの借金は直ぐに返さなければならないものではなく、何年かで住宅ローンのように分割支払であることはご理解下さい。但し、たくさんのローンを抱えると毎年の返済が膨らんで、自由に使えるお金がなくなる、ということです。

 今、国は借金を返すための借金をしている(いわゆる赤字国債)状況である、ということも認識しなければなりません。ローン地獄にならないためにプライマリー・バランスの黒字化を政府が目標を掲げております。

 話は戻りますが、今後の夕張市の再建に期待をしております。過疎化に悩む地方自治体の代表的事例です。福岡県赤池町ではないのですが、10年後に【夕張方式】というような再建計画の模範実例となっているかもしれません。同じような自治体が固唾(かたず)を呑んで見守っているような気がします。

18:30~20:30 (社)呉青年会議所のオープン例会に参加。

 元ラグビー日本代表監督の平尾誠二氏の【コミュニケーションのあり方について】と題する講演を聴講しました。チューニング(=tuning、ラジオがよく聞こえるようにダイヤルを合わせること。 ⇒耳を傾ける、相手を知る。)が先ず第一歩であることの大切さを再認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »