2018年10月23日 (火)

広商生徒、江田島をPR

くもりのち雨

H301022hirosho

 昨日の中国新聞から。広島商業の商業研究部さんが江田島サイクリングマップを配布してPRしてくださっているという記事。印象度調査では認知度が低かった江田島市(→H29.6.27)にとって大変ありがたい取り組みです。

 江田島市内のイベント(えたじまマママルシェ2018など)で商業研究部が出店していただいたりしています。(→観光協会HP
 11月には静岡県で開かれる全国高校生徒商業研究発表会昨年度からの江田島市の活性化をテーマにした研究活動を実践発表するそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

周防大島の断水

晴れ

 10月も下旬に入りました。山口県周防大島と本州を結ぶ橋に設置されていた送水管が大型貨物船の衝突により破損したというニュース。(→参考)これにより島全体の水道の断水が長期化しそうであるとのこと。今年1月にも長期断水があり、2回目という。7月豪雨災害で長期断水となった江田島市です。なんからの応援ができればと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

第33回ヒロシマMIKANマラソン

晴れ

44410746_2257883780952308_348066320

44402531_2257883844285635_315231478

 雲一つない晴天の朝を迎えました。県立大柿高等学校を主会場とした第33回ヒロシマMIKANマラソンが開催されました。2年前に生徒、先生、地域ボランティアで植えた天然芝も青々と多くの皆様を歓迎しています。(→H28.6.18
 レースに先立ち、開会式では大柿高校の3年生2人が清々しい選手宣誓をしてくれました。北は秋田県、南は沖縄県と全国各地から2300人を超える選手の皆様が参加されました。潮風香る秋の江田島市を堪能していただいたのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

カープ、2年ぶりの日本シリーズへ

晴れ
 2年振りの日本シリーズ進出を目指し、CSファイナルステージが始まったかと思えば、広島東洋カープが巨人に3連勝。昨年の悔しい思いも吹っ飛んだカープファンも多かったのではないでしょうか。
 いよいよパ・リーグのチームと日本一を競う日本シリーズです。2年前は残念な結果でしたが、今年こそ、頑張って欲しい。この1年、広島にとっては7月豪雨災害など、辛い出来事が一杯ありました。球団創設以来、カープは広島県民にとって、希望の象徴です。ぜひとも34年振りの日本一に輝いて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

与那国町議会、議長決まらず

晴れのち小雨

 沖縄県与那国町議会(定数10)では99日に町議会議員選挙で議員が選ばれ、議長選が928日の町議会開会から1016日までに58回、その後も繰り返される異例の事態になっています。(→2018.10.16JIJI.COM10.17八重山毎日新聞10.19沖縄タイムス
 与党と野党が5名ずつの同数であり、議長は議案等の採決に加わらないため、与野党とも議長を輩出したくないということが原因です。与野党とも5人であり、投票後にくじ引きになりますが、くじに当たった議員は、まるで申し合わせたように議長就任を辞退して選挙のやり直しを続けています。どこまで続くのか分かりませんが、議会が機能しないことによる町政の停滞はさけられません。
 このような事態に陥らないため、議会の定数は奇数にする必要があると思いました。提出議案・予算案等は議長を除く議員(偶数)が採決しますが、同数であれば議長が決定するというルールがあります。今後の議員定数問題についてはこの点も踏まえて議論する必要があります。

※与党と野党
 地方議会では国会のような与党・野党というものは本来存在しません。国の場合、首相は国会議員から選ばれるため、自民党総裁の安倍首相が行政の長、議会では自民党・公明党が与党、その他が野党という括りになっています。
 一方、自治体では首長(知事、市町村長)は直接有権者から選ばれ、また、議会も行政をチェックするために有権者から選ばれます。あえていうなれば、首長を支援する議員団(与党)、反対若しくは是々非々の議員団(野党)という構図です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

議会運営委員会(H30.10.18)その2と広報委員会

 午前の議会運営委員会では、臨時会以外に次のことについて協議しました。

(1)議会中継業務の進捗状況について

H30yosan_gikai_chukei

 本年度導入予定の議会中継ですが、8月に業者(神戸綜合速記㈱)が決まり(参考→H30.6.5議運)、10月26日開催の臨時会以降にカメラ等の機器を議場に整備し、12月定例会で試験運用を行ないます。本格的な運用は2月定例会からの予定です。
 尚、このたびの業者は広島県内では、3つの市議会が利用しています。(→東広島廿日市)市議会が利用しています。

(2)タブレットの活用について
 議員に配布されているタブレットの活用方法として、クラウド本棚を提供する東京インタープレイ社のSidebooksを一定期間、試験的に導入(無料)することを確認。(参考→H30.4.12

(3)資料持ち帰り用の封筒について
 経費節減のため、今後は各種会議の際の資料持ち帰り用封筒は準備しないことを確認。(議案等の重要書類及び個人情報が含まれる書類を除く。)

(4)クールビズについて
 本会議の服装は、5月から10月末まで原則としてノーネクタイ(上着着用)とすることの確認。

 午後から議会広報特別委員会に出席。11月1日発行予定の議会だより第56号の最終編集会議。2回目の校正作業を行ない、本号についての会議は終了しました。

【参考】広島県内の江田島市以外の13市は議会中継を実施中
広島市議会→こちら
呉市議会→こちら
竹原市議会→こちら
三原市議会→こちら
尾道市議会→こちら
福山市議会→こちら
府中市議会→こちら
三次市議会→こちら
庄原市議会→こちら
大竹市議会→こちら
東広島市議会→こちら
廿日市市議会→こちら
安芸高田市議会→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

議会運営委員会(H30.10.18)その1

晴れ

 午前中は議会運営委員会に出席しました。主として臨時議会の運営についてです。その他の協議事項については別に記します。

1.第4回臨時議会の日程
会期   : 10月26日(金) 1日間
日程   : 下記の通り
審議内容: 副議長の選挙、議案・補正予算案審議、決算認定、意見書発議等
※10月15日付けで副議長が辞任したことにより選挙があります。本来、4年任期ですが、議会申し合せ事項により副議長任期を1年としたため、副議長が辞任したことにより選挙があります。

2.決算認定について
 認定方法は12会計一括上程後、質疑を一括して行ない、討論・採決については各会計ごとに行ないます。

3.議員発議案について
 「平成30年7月豪雨災害からの復旧に対する財政支援を求める意見書」を発議することになりました。

4.議席の一部変更について
 副議長にどの議員が選出されても議席番号は17番(18人のうち、議長が18番)とせず、現行の議席番号を継続する。その際、前副議長は13番とし、現13番の議員以降は議席番号が1番繰り上がります。

○選挙(1件)

番号
案件名
選挙第1号 副議長の選挙について

 

○議席の指定


○議案(15件)

番号
案件名
議案第71号 公の施設の指定管理者の指定について
議案第72号 平成30年度江田島市一般会計補正予算(第5号)
議案第73号 平成30年度江田島市宿泊施設事業特別会計補正予算(第1号)
議案第59号 平成29年度江田島市一般会計歳入歳出決算の認定について
議案第60号 平成29年度江田島市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第61号 平成29年度江田島市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第62号 平成29年度江田島市介護保険(保険事業勘定)特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第63号 平成29年度江田島市介護保険(介護サービス事業勘定)特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第64号 平成29年度江田島市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第65号 平成29年度江田島市港湾管理特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第66号 平成29年度江田島市地域開発事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第67号 平成29年度江田島市宿泊施設事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第68号 平成29年度江田島市交通船事業特別会計歳入歳出決算の認定について
議案第69号 平成29年度江田島市水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定について
議案第70号 平成29年度江田島市下水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定について

 

○発議(1件)

番号
案件名
発議第5号 平成30年7月豪雨災害からの復旧に対する財政支援を求める意見書(案)の提出について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

副議長選について

晴れ

 江田島市議会では平成29年の改選後の初議会で正副議長選挙が行われました。議長選においては林議員(無会派)、吉野議員(政友会、8人)の2名が9票ずつの同数で、くじ引きにより林議員が議長に選出されました。(→H29.11.8
 副議長選挙では、山本秀男議員(政友会)が17票で副議長に選出されました。(浜西議員(政友会)1票)
 その後、無会派9名が立風会を構成し、最大会派へ。一方、今年10月に政友会の山本副議長が政友会を離脱して無会派へ。現在の会派構成は立風会9、政友会7、無会派2(うち公明党1)となっています。
 本来は正副議長とも議員任期と同じ4年であるところ、改選前の議会で、議長任期2年、副議長任期1年と申し合わせ事項が取り決められ、10月下旬には副議長選挙が予定されています。
 立風会としては、林議長を輩出している会派であり、副議長は会派外の議員に就任していただくことの確認がなされています。

※くじ引き決着の北海道根室市議会・議長選→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

公園等の管理活用計画

晴れ
 江田島市では公園の現状や市民ニーズ、今後の需要見通しを把握し、公園の統廃合、機能拡充、効率的な管理のあり方などを検討した上で、総合的な管理・活用の取組をするため、江田島市公園等管理活用計画を策定しました。(→HP
 市民だけでなく、市外からも多くの方が訪れる公園というものもしっかり整備し、交流人口増加に繋がることに期待します。(参考:鹿田公園H29.3.2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

全員協議会(H30.10.15)~シーサイド温泉のうみ

晴れ

H301015seaside_hotspring1

  午前中は第10回議会全員協議会に出席しました。内容は「シーサイド温泉のうみ」の指定管理について。会議に先立って、議会に説明する前の10/13(土)の中国新聞に掲載された(→H30.10.13)ことについて、市長から情報管理等についてのお詫びのコメントがありました。

  報道の通り、地元企業である大柿産業を指定管理者として指定することの方針が固まったことの報告がありました。早急な対応に議会側も異論を唱える議員はいませんでした。10月下旬に予定される臨時議会で議案が上程されることになります。
  次期指定管理者(大柿産業)よりはPR及びレストラン事業の改善、物品販売(お土産など)に工夫を凝らし、利用者増による増収を見込む提案があったとのこと。市民にとっての福利厚生的な施設であり、市外の方々にとっての観光施設の一つとして11月以降も営業が継続されることになります。
  期間としては11月から翌年3月までの5ヵ月ですが、新ホテル等整備事業の公募型プロポーザルによる優先交渉権者の建設スケジュールによっては延長する可能性もあります。
 尚、サンビーチおきみについては、11月中を目途に次の指定管理者の公募を開始することになります。大型宿泊施設のない江田島市にとって、なんとしてもこの施設の開業に向けた支援をお願いしました。(最終的に応募者がいない場合の直営も視野に。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«H30年度大古敬老会