2019年2月22日 (金)

未利用公共施設の活用について

くもり一時晴れ

19220hayabusa

 2
20日の中国新聞から。鳥取県八頭町の旧・小学校舎を活用した、公民連携で新たに生まれ変わった隼Lab.シェアオフィスやコワーキングスペースに関する記事が掲載されました。(→隼lab
 平成の大合併、そして人口減少により、地方では公共施設の統廃合が進み、その未利用施設の有効活用が課題となっています。
 江田島市においても旧・沖美就業改善センターを改修し、交流スペース『フウド』として、「空き家情報・移住支援センター」「シェアオフィス」「交流スペース」「シェアキッチン」を備えた施設に生まれ変わりました。(→フウド市HP
 江田島市においても、小学校の閉校(柿浦小学校)や保育施設の移転(認定こども園のうみ)による未利用施設もあり、今後の活用について検討していくことが必要です。
 尚、旧秋月小学校の校舎およびグランドについては、売却を前提とした公募型プロポーザルの実施をする方針になっています。(全員協議会→H31.2.8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

平成31年度当初予算

晴れのちくもり

H31budget

 今日の中国新聞から。江田島市の来年度予算についての記事です。一般会計1728500万円(前年度比10.1%増)、特別会計(9会計)801540万円(同0.5%減)、企業会計(2会計)301878万円(同6.1%減)。平成31年度の一般会計予算は、平成307月豪雨災害の災害復旧を最優先とした予算になっています。
 災害復旧事業は繰越・企業会計も含めて約234900万。また、災害関連対策として15583万円を計上しています。
 災害以外では、江田島市の3つの重点テーマ、『しごとの創出』、『子育てしやすい環境づくり』、『健康寿命の延伸』ごとに取り組みを実施します。それぞれの主な取組みは以下の通り。
 尚、2月28日から予算審査特別委員会で審議される予定です。

『しごとの創出』
①観光客の確保によるしごとづくり
 ・新たな宿泊観光関連施設の整備
 ・観光消費の拡大による産業の活性化
②廃校施設跡地などを活用した企業誘致
③農業・漁業の担い手確保
④起業・創業の促進
 ・6次産業化や地産地消の促進
⑤しごとと人のマッチング

『子育てしやすい環境づくり』
①通学費等の子育て世代の負担軽減
②安心な保育・子育てサービスの提供
③豊かな教育の提供
④次世代を担う子どもの誕生の応援
⑤保育・教育環境の整備

『健康寿命の延伸』
①地域のつながりによる健康づくりの促進
②地域介護予防活動への支援
③高齢者の活躍の場の確保
④疾病の予防や早期治療
⑤高齢者が安心して暮らせる仕組みづくり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

2019年度公立高校入学定員・志願者数

H31ohgaki_hs_selection

 昨日の中国新聞から。県立高校の入学定員・志願者数(2/18現在)が発表されました。大柿高校は選抜(Ⅱ)も志願者が定員を越えました。
(選抜(Ⅰ)→H31.1.30
 選抜(Ⅰ)で定員12を確保し、選抜(Ⅱ)も募集定員28に対して1.04倍です。今年4月入学は定員40人を満たすかもしれません。現在の在校生70、今年の卒業生18であり、4月入学が40になるとすれば92になります。

※選抜Ⅱの募集定数は、入学定員40人から選抜(Ⅰ)に係る入学確約書を提出した者の数を除く人数。(大柿高校入学者選抜(Ⅱ)実施要綱から)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別委員会設置へ

くもりのち晴れ

H31220teisu

 今日の中国新聞から。昨日の議会運営委員会で、2月26日から開会予定の2月定例会で、議員発議として、議会改革推進特別委員会を設置することを決定したことについての記事。

 新聞には定数と報酬のことをクローズアップしていますが、以前ブログで書いたように、今年4月には施行されて6年目を迎える議会基本条例について、今一度改革すべき事項を整理し、目標を明確にして議会改革(活性化)を更に推進することについて調査研究することが求められます。(→H31.1.23)その過程の中で、議員定数・報酬が議論されることになると考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

議会運営委員会と全員協議(H31.2.19)

 
 午前中は2月定例会の運営に関する議会運営委員会。初日および2日目の日程は以下のとおり。
 2月28日から予算審査特別委員会において平成31年度予算の審議がなされます。一般質問は2月26日受付。3月12日に議会運営委員会を開き、3日目以降の日程を決めることになります。

会期:平成31年2月26日(火)~3月15日(金)
初日の内容(予定)
会議名
日時
内容

平成31年

第1回定例会(初日) 

平成31年2月26日(火)
午前10時開会

1 開会

2 諸般の報告

3 会議録署名議員の指名    

4 会期の決定

5 議案審議

(1)条例改正

(2)和解及び損害賠償の額の決定について

○議案(10件)
番号
案件名
議案第13号 江田島市個人情報保護条例の一部を改正する条例案について
議案第14号 江田島市国民健康保険税条例等の一部を改正する条例案について
議案第15号 江田島市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例案について
議案第16号 江田島市子育て支援センター設置及び管理条例の一部を改正する条例案について
議案第17号 江田島市児童公園設置及び管理条例の一部を改正する条例案について
議案第18号 江田島市立学校施設使用条例の一部を改正する条例案について
議案第19号 江田島市体育施設設置及び管理条例の一部を改正する条例案について
議案第20号 江田島市布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例の一部を改正する条例案について
議案第21号 江田島市火災予防条例の一部を改正する条例案について
議案第22号 和解及び損害賠償の額の決定について
2日目の内容(予定)
会議名
日時
内容

平成31年

第1回定例会(2日目) 

平成31年2月27日(水)
午前10時開会

 

1 補正予算(案)審議

2 市長施政方針

3 平成31年度核会計予算(案)一括上程

○補正予算案(9件)
番号
案件名
議案第23号 平成30年度江田島市一般会計補正予算(第7号)
議案第24号 平成30年度江田島市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
議案第25号 平成30年度江田島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
議案第26号 平成30年度江田島市介護保険(保険事業勘定)特別会計補正予算(第3号)
議案第27号 平成30年度江田島市介護保険(介護サービス事業勘定)特別会計補正予算(第1号)
議案第28号 平成30年度江田島市港湾管理特別会計補正予算(第1号)
議案第29号 平成30年度江田島市地域開発事業特別会計補正予算(第1号)
議案第30号 平成30年度江田島市水道事業会計補正予算(第4号)
議案第31号 平成30年度江田島市下水道事業会計補正予算(第4号)
○市長施政方針
○当初予算案(12件)
番号
案件名
議案第1号 平成31年度江田島市一般会計予算
議案第2号 平成31年度江田島市国民健康保険特別会計予算
議案第3号 平成31年度江田島市後期高齢者医療特別会計予算
議案第4号 平成31年度江田島市介護保険(保険事業勘定)特別会計予算
議案第5号 平成31年度江田島市介護保険(介護サービス事業勘定)特別会計予算
議案第6号 平成31年度江田島市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算
議案第7号 平成31年度江田島市港湾管理特別会計予算
議案第8号 平成31年度江田島市地域開発事業特別会計予算
議案第9号 平成31年度江田島市宿泊施設事業特別会計予算
議案第10号 平成31年度江田島市交通船事業特別会計予算
議案第11号 平成31年度江田島市水道事業会計予算
議案第12号 平成31年度江田島市下水道事業会計予算

(その他)
1.議員発議により、議会改革推進特別委員会が設置されることが確認されました。(定数のほか、改革に関することを調査)
2.災害支援本部の検証結果について以下のことが確認されました。(→H31.1.21
○災害支援本部の設置・廃止時期は、災害対策本部と連動することとし、要綱の見直しを行なう。
○被災地、避難所等で把握し、又は、確認した情報については、1日の活動内容として報告書にまとめ、議会事務局に提出し、記録に残す。(様式を作成する)
○事務局職員が被災した場合を想定し、適切な対応ができるよう事務局の指揮命令系統や配備体制づくりをする。
 
 午後から全員協議会。議題は以下の通り。
(1)平成31年度当初予算案の概要について
 概要説明を受ける。明日、市長が記者会見で発表予定。
(2)サンビーチおきみの指定管理者の選定について

31220sunbeach_2

 公募したこところ、1社から応募があり、選定委員会で審査を行い、㈱大柿産業を指定管理者の候補者として選定。2月定例会で議会の議決後、基本協定と年度協定を締結する予定。(選定結果→
こちら、過去収支参考こちら
※追記)2/20の中国新聞記事。

(3)地場産業振興に伴う市有地の処分について
  江田島町小用3丁目の市有地(1135.25㎡)を、()宇根鉄工所へ22506千円で売却することの報告。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

民泊受け入れ1万4千人超え

くもり時々晴れ

19216minpaku

 2
16日の中国新聞から。2011年(平成237月にモニターツアー(→H23.7.28、2012年から本格スタートした民泊型修学旅行の受け入れですが、7年目で宿泊者数が14千人を突破し、このたび市が受け入れ回数が多いホスト家庭に感謝状を贈ったという記事。(H29年度実績→H30.3.29
 江田島市での民泊も定着してきていますが、受け入れ家庭もここ5年は約100軒と横ばい状態で、市は各家庭の負担軽減をするために150軒以上は必要としており、新規開拓に力を入れるという。最近では高齢者世帯だけでなく、子育て世代の受け入れ家庭もあります。江田島市との『縁づくり』による交流人口増加策のひとつとして今後も期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

ハヤトノモリとH30年度第19回日本語クラブ

晴れ

52478515_2498884686852215_480792108

52427948_2498884786852205_586224951

 午前中は大柿町深江(新開地区)のハヤトノモリOPEN DAYにお邪魔しました。
 会社員の向井亮太さんが耕作放棄地を整備して作った自然体験できる広場です。(参考→H30.8.29キーワードは”耕作放棄地)今日はテントやストーブも用意してあり、暖をとることもできました。

52482091_2498885210185496_644999552

52151497_2498885583518792_734689076

52597958_2498885473518803_367084299

 自然豊かな江田島市で持ち寄りデイ・キャンプ。今、向井さんと友人が希少動物の縄文柴犬を飼っています。3匹のビワちゃん、イキルくん、オコメちゃんものんびりとくつろいでいました。
(参考→NPO法人縄文柴犬研究センター

51993399_2013089022107841_209570973

51978509_2013089198774490_523641382

 午後から日本語クラブです。まず初めに宮ノ原隣保館へ。今日は牡蠣の仕事があったため、中国1、フィリピン1、日本5(コーディネーター、人権擁護委員、市職員と隣保館職員)の参加者です。漢字のはいった数字を勉強したり、文章のなかで、正しい漢字(単語)を選ぶ問題などをしてみました。


問題の例
なつやすみの ※<けいかく>は まだ きまって いません。
 計書、②訂画、③計画、④訂書

答え・・・③

52292250_2013166942100049_785273856

52126725_2013166908766719_711100944

 その後、能美市民センター会場へ。こちらはフィリピン6、インドネシア4、日本10の参加者で、江田島市消防本部から2名の職員が参加してくれました。また、新聞記者、広島県庁国際課の職員が『現場視察』ということで見学していただきました。

 それぞれのテーブルでは、テキストを使ったり、ひらがな・カタカナそして漢字を学んだりと、やりたいことを各々が学習します。

52561435_2013167208766689_8491205_2

52605857_2013167105433366_155020765

52005754_2013167435433333_6878628_3

 最後に今日やったことを皆さんの前で発表し、消防職員からは消防車や救急車が必要なときは『119』にかけてくださいとのお話。①『名前』と②『消防もしくは救急車』のどちらが必要かを教えてくださいとのこと。最近は、携帯電話からかけても、ある程度かけている場所がわかるそうです。

52020849_2013414108741999_750181800

 日本語クラブが終わってからは県の職員さんも参加してのミーティングです。まず初めに今日のクラブでどのようなことをしたか、また、気付きなどを話し合いました。その後、来年4月以降の入国管理法の改正により、外国人の労働者が増える可能性もあり、今後の行政の役割などについても意見交換しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

H31.2.16 市内の交流イベント

くもり

52788308_2496493750424642_5329889_2

52057119_2496495793757771_1927843_2

 2
月も後半になりましたが、江田島市内ではいろんなイベントがありました。沖美町の『フウド』では蚤の市が開催され、市内外から多くの来場者で賑わいを見せていました。一昨年10月に開館したフウドですが、これからも市内外の交流の場として利用者増に期待したい。(→H29.10.18H29.10.29

20181117_221527_2

 国立江田島青少年交流の家では 開所50周年記念事業として開催された『親子でアート&クラフト教室』があり、12泊で広島市などから親子が参加して賑わいを見せています。プログラムとしては、江田島特産のカキの殻を活用したキャンドルづくり、江田島市が推進しているオリーブの枝を使ったリースやオリーブの剪定枝を活用したキーホルダーづくりなど、江田島市のことを知っていただくには素晴らしい企画です。

一般社団法人広島湾地域資源ネットワークのFacebook

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

STU48号、今春完成

51922821_2494922020581815_530449218

 今日の中国新聞から。AKB48の国内6番目の姉妹グループとして2017年3月に誕生したSTU48(→オフィシャルWEB)。昨年9月から元フェリーを改造して専用劇場を備えた船、STU48号が今春に完成予定。
 STU48号は瀬戸内地方「7つの県」(広島県・山口県・岡山県・香川県・愛媛県・徳島県・兵庫県)の港を巡って公演をする予定です。
 これから自治体と連携し、母港や寄港地を決めていくという。 江田島市では、2017年(平成2910月からインターネット番組「STU48が行く 江田島発見ジャーニー」を㈱広島ホームテレビの「ぽるぽるLIVE」を媒体として12回配信したことがあります。(→市HP)2024年に総観光客数100万人を目指す江田島市です。ぜひ、『母港』になることを立候補してほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三高中学校で牡蠣料理試食会

くもり

19215mitaka_jh_oyster

 今日の中国新聞から。昨日、三高中学校1年生が特産の牡蠣を使った料理の試食会を開いたという記事です。
2011年にスタートした『オリーブの島構想』。江田島市が推進しているオリーブ振興もあり、オリーブオイルを活用したメニューづくりも素晴らしい。安倍首相夫人も試食会に参加されたそうですが、昨日はシーサイド温泉のうみで開催された『第2回追悼竹あかり】というイベントに出席するために江田島市に来られたようです。(下段のfacebookをご参照)

H27oyster

 三高中学校では総合学習で牡蠣について学んでおり、2年生は修学旅行で東京・銀座の広島県アンテナショップTAUで牡蠣の販売をしています。(→
新聞記事ポスター)TAU3階のイタリアン、メリプリンチペッサ(→こちら)は名称は替わりましたが、TAU開店当時から経営者は江田島市出身の江口慶さんです。(→H24.7.16江口君の想い
 牡蠣生産で全国2位の江田島市、この地域資源について誇りに思っていただけたらと思います。平成27年はお隣の呉市と僅差です。(平成16年から平成18年までは全国1位)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«観光について考える(H31.2)