2019年5月27日 (月)

沖美町でのイベント 5/25-26

くもり
19525inoshishi  先週末は沖美町で2つのイベントに行ってきました。ひとつは、5/25(土)フウドで開催された“五感で味わうイノシシ料理付トークライブ『イノシシいただきます!』”。イノシシ被害で大変な江田島市ですが、イノシシの捕獲や習性そしてジビエ料理についてのトークイベントです。実際に「くくり罠」の仕組み(→動画)も教えていただきました。トークイベントのあとは、イノシシ料理を堪能しながらワイワイ懇談です。『命をいただく』ことの感謝も大切です。
19526sunbeach_okimi  5/26(日)は大古小学校、鹿川小学校、三高(保・小・中)の運動会めぐりをしましたが、お昼前後はサンビーチおきみへ。『Etajima+』という団体が企画したイベント「ETAJIMA+~CYCLING & GLAMPING BBQ~」に行ってきました。サイクリング、SUP(→動画)、カヌーなどの体験や浜辺でのBBQという試みです。江田島市内の商品などの物販もありました。少しずつですが、江田島市の魅力情報発信に繋がればと思います。

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

市内小学校は運動会

晴れ
190526oofuru 朝は薄ぐもりのようでしたがあっという間に晴天になり、暑くなってきました。9時に地元大古小学校の運動会へ。4月から柿浦小学校が統合したことにより、大古小学校は大柿町で唯一の小学校になりました。保護者だけでなく、地域の方々も大勢来られており盛り上がりました。6年PTC競技は『昭和VS平成 令和を駆け抜ける』。昭和生まれのお父さん・お母さんと平静生まれの子ども達のリレー競争。さすが、昭和は強い。
190526kanokawa 続いて、サンビーチおきみに行く途中で、鹿川小学校に行ってみました。ちょうど、こちらもPTC競技でした。子どもと保護者のどちらかがタイヤに乗って、それを片方が引っ張りながら折り返し地点までいき、2人でタイヤを引っ張りながら走って戻るリレー競技。沖美町沖地区も通学エリアであり、多くの皆さんが運動会に来ていました。
190526mitaka 午後からは、サンビーチおきみでのイベント見学を終えて、美能経由で三高へ行きました。途中は昨年の7月豪雨災害による土砂崩れで寸断されていた道路の復旧が行なわれています。
 三高中学校グランドでは、三高保育園・三高小学校・三高中学校の合同運動会が開催されていました。地域の方々もこの運動会を楽しみにしており、小規模校ならではの行事です。写真は小学校1・2・3・4年生が紅白に分かれての『チェッコリ玉入れ』。(→映像

| | コメント (0)

地方創生、高校で人材育成~有識者会議

晴れ
19524regional-creatio_2019 昨日の中国新聞から。地方創生の第2期(2020~2024:5年間)の施策を検討した政府の有識者会議が5月23日の報告書のなかで、『人口減少をはじめとする地域の課題解決には中長期にわたる対策が必要として、高校を舞台に次代を担う人材を育成すること』を提言しました。
 基本目標としては第1期(2015~2019)と同様、『東京一極集中を是正』、『地方の雇用を確保』の2本柱を維持することを求めた。これにプラスする形で、人材の育成・確保に重点をこくことを養成。
高校生を対象に、地域の産業や文化絵の理解を深める教育をすれば、進学や就職で首都圏に転出しても将来的なUターンが期待できると強調している。
 江田島市においても本年度、第2期総合戦略(2020~2024)を策定する予定です。島唯一の高校、大柿高校も県教委が小規模高に対する基準(1学年1学級定員40人に対し、全校生徒80人以上)を今年クリアしたところです。江田島市として、通学、公営塾運営などの支援を行なっていますが、これに加えて人材育成・確保への支援をどう取り組むか。県立だからではなく、『島の宝』、『地域資源』としての応援が必要です。参考になる取り組みとしては、北海道夕張市の夕張高校への支援が挙げられると思います。(→こちら
19524bingo_vision 左も昨日の中国新聞から。福山市(連携中枢都市)、三原市、尾道市、府中市、世羅町、神石高原町、笠岡市、井原市で構成する備後圏域協議会では、今年度策定する次期びんご圏域ビジョン(2020~2024)にドローン活用による取り組みをする方針が明らかになりました。神石高原町では、油木高校が慶応義塾大学(湘南キャンパス)の協力を得て地域課題の解決を図るドローンアカデミーを設立しています。(→こちら

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

福山城築城400年 BEST HIT FUKUYAMA

晴れ
190524fukuyama_tenpuroku 左は昨日の中国新聞・天風録。2022年(令和4)に築城400年を迎える福山城にあわせ、福山ロータリークラブが福山市高校生議会の提案を受け、ロータリークラブ創設65周年を記念して制作された市民参加による記念動画について書かれています。
 地元出身の小林克哉さんがDJとして出演しており、かつての名番組『ベストヒットUSA』を髣髴とさせる作りになっています。尚、『ベストヒットUSA』はBS朝日で復活しているようです。(→こちら
 高校生の提案から福山を知ってもらうPR動画に繋がったことは素晴らしい。江田島市においても平成29年度に『えたじま向上委員会』で県立大柿高等学校の生徒が出演するPR番組(ザリガニ放送局パイロット→こちら)を制作したことがあります。若者のアイデアや活動による地域おこしが活発になってほしいものです。

Youtube『BEST HIT FUKUYAMA』

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

第1術科学校で花火

晴れ

 18時40分過ぎ、江田島市外から帰宅途中に、『今日、江田島の第1術科学校で花火大会があるんですか?』という市民からの問い合わせがありました。どうも防災行政無線で放送があったという。
 帰宅後、防災行政無線のフリーダイアル(あとから聞くことができます→こちら )を確認すると、17時30分放送で、海上自衛隊・第1術科学校グランドにおいて、『研究データの収集のため花火を打ち上げる』との放送がされたようです。19時30分と20時の2回、それぞれ3分間の打ち上げ(合計300発)ということで、何のデータ収集だったのか、気になるところです。
★Facebookは第1術科学校で花火を見学した市民の投稿をシェアさせていただきました。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

オリーブ開花、昨夜はナイトフウド

晴れ
190521olive 2011年からオリーブを育てています。これまでアナアキゾウムシなどの害虫により枯れてしまったものもありますが、今年も庭のオリーブの花が咲き始めました。開花期間は約1週間と短く、受粉期に雨が降らないことを祈るばかりです。江田島市内の各所でも開花のニュースを聞きます。
190522fuudo 昨日は沖美町にあるフウドで毎週水曜日に開催される『ナイト・フウド~コワーキングの夜#10』。今週で10回目を数えますが、ネット環境が整った2階では、それぞれがPCを利用しながら仕事などをしています。私も6月議会に向けた一般質問について内容整理をしてきました。夕方の夕焼けがとても綺麗でした。

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

第2次総合戦略をどう描くか

晴れ
19521miyoshi_city 昨日の中国新聞から。4月の市長選挙で当選した福岡誠志・三次市長の所信表明についての記事です。定住対策を全庁的に進めるためプロジェクトチーム「ずっと住み続けたいまち本部」を設置する方針を示しました。
 子育て世代への支援を更に充実させ、外に向けて情報発信していくことで、定住人口の拡大につなげていき、女性の活躍支援や起業支援、空き家の利活用等を積極的に進めるという。所信表明冒頭にある「現場にこそ答えはある。」まさにその通りだと思います。(→所信表明HP
2019population-transition 左は江田島市の人口推移をまとめたものです。大正9年(1920)からのものであり、昭和22年(1947)の6万3560人をピークに減少しています。今年3月末には一時的に2万3000人を割り込み、2万2979人になりました。海上自衛隊関連の異動(3月末274人減、4月末184人増)によるもので、4月末の江田島市人口は2万3155人となりました。しかし、毎年500人前後の人口減であるため、今年度中には2万2000人台になることが予測されます。
 まち・ひと・しごと創生法(H26法律第136号→概要)により平成27年10月に『江田島市人口ビジョン』と『江田島市総合戦略』が策定され、毎年PDCAサイクルを回しながら目標設定に向けて施策を展開しています。
 人口減20193_2040population少カーブをどう緩めていくか。今年度末までには第2次総合戦略(5ヵ年)を策定することになっています。「現場にこそ答えはある」、市民のみなさんの意見・アイデアをワークショップ形式などを活用しながら聞き、また、まち・ひと・しごと創生有識者会議でこれまで議論されたことを踏まえて、新たな戦略を構築することが望まれます。
 先日の総務常任委員会でも人口減少対策等について意見交換しました。農業・漁業などの1次産業へ積極的な支援をすべし、働き世代への支援策強化、教育環境の強化・充実など、様々な意見が出てきました。7月開催予定の議会報告会で市民の皆様と『人口減少について』意見交換することになります。
 江田島市人口ビジョンの冒頭で、20歳代~40歳代では女性の方が男性より2~3割程度人口が少ない、つまり、出生数の更なる減少が見込まれることは指摘されており、この問題をどう解決するかに力点を置くことが必要だと考えます。
19522fukuyama 左は今日の中国新聞に掲載された福山市の人口減対策の行動計画(2019-2021)の概要についてです。人口流出が課題となっている若年層対策に重点をおいています。

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

地域日本語教育スタートアップ事業を終えて

晴れ
201901end_kunibetsu 江田島市では、文化庁の地域日本語教育スタートアッププログラムを平成28年度から平成30年度の3ヵ年行ないました。これは「生活者としての外国人」を対象とした日本語教室が開設されていない地域となっている地方公共団体に対し、地域日本語教育の専門家を派遣することにより日本語教室の設置に向けた支援を実施し、これにより日本語学習環境が整備され、日本語教育の推進が図られることを目的とした事業です。
 2年目の平成29年度から外国人市民と日本人市民の交流の場である、『えたじま日本語クラブ』がスタートし、今年度から江田島市国際交流協会が主催することになりました。(→えたじま日本語クラブ
 左上の表は最終年度(平成30年度)の報告書から抜粋した数値に基づいて作成したものです。国別では、①ベトナム、②フィリピン、③中国、④インドネシアと続き、この4カ国で88.4%を占めます。尚、2019年1月末現在での外国人比率は3.04%です。
201901end_zairyushikaku 一方、左は在留資格別にまとめたものですが、技能実習(2号ロ271、1号ロ147、3号ロ12)が多数を占め、永住者、特定活動、定住者と続きます。(技能実習の区分と在留資格→こちら
 今年4月からの改正入管法施行により新たな在留資格(特定技能1号、2号)が創設されました。(→H30.12.9)これにより、今後、江田島市に居住する外国人の在留資格も多様化するものと思われます。
(参考)文化庁への報告書(地域日本語教育スタートアップ)
平成28年度報告書
平成29年度報告書

平成30年度報告書

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

高齢化率にみる特性

くもりのち雨
Koureika_ritsu1904_1510 江田島市の総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は令和元年5月1日現在で、外国人を除くと44.88%、外国人を含むと43.51%になっています。
 市HPでは、4月1日分と10月1日分は年齢別人口のデータ(外国人含む)が公開されており、これに基づいて左の表を作成しました。人口減少および少子高齢化により年々、高齢化率が上昇していますが、表を見ると女性の高齢化率が50%に届く状況となっています。
 年齢別人口データ(H31.4.1)は外国人(男485人、女237人)および自衛隊関連(古鷹寮官舎・幹部隊舎、第一術科学校、幹部候補生学校:男174人、女15)も含むことが男女の高齢化比率の差になっているものと思いますが、年齢別人口の男女比をみると55歳以上になると女性の人数が男性よりも多くなる傾向にあります。(参考:H31.4.1分年齢別人口

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

2019年度第3回日本語クラブ

くもり一時雨
190519miyanohara_nihongo  午後から2か所の日本語クラブに参加しました。まずは宮ノ原隣保館の会場に行ってきました。中国3、日本5の参加者でした。日本語検定N4・5のテキストを使って文法の勉強をする人、ひらがなで日記を書く練習をする人、日本語で書いてきた日記を『正しい日本語』に添削する日本人スタッフと勉強する人と様々です。
190519takata_nihongo 高田交流プラザでは、フィリピン11、インドネシア4、アメリカ1、日本12(うち消防職員3)の参加者でした。それぞれのテーブルでは日本語検定N1のテキストを使って語彙や反対語の勉強をする人、学校の宿題をする小学生、平仮名・カタカナの練習をする人たちなどいろいろです。
 今日は消防職員さんも来ていただき、『救急ミニ講座』をしてもらいました。これから暑い時期になり、熱中症にかかることもあります。熱中症にかかった場合、どうすればよいか教えてもらい、また、電話で救急車をよぶ練習もしました。最後に今日勉強したことについて、一人一人がみんなの前で発表してクラブは終了しました。

宮ノ原隣保館


高田交流プラザ

| | コメント (0)

«令和元年度江田島市国際交流協会総会