2018年5月22日 (火)

安芸高田市と江田島市~外国人市民

晴れのちくもり

H30522akitakata_city

 今日の中国新聞から。安芸高田市が2次多文化共生推進プランを作成し、市議会全員協議会で公表したという記事です。

 人口減少対策の一環として、外国人の定住増に繋げる基盤づくりに焦点をあて、外国人と地域とのパイプ役(コーディネーター)の養成などの新規11項目を含む22施策を取りまとめています。(→H30.5.15
 江田島市において、平成29年(2017101日現在の外国人市民は709人で、国籍別では以下の通りです。(出典:平成29年度日本語教育コーディネーター研修情報交換会 江田島市日本語クラブに対する取り組み)何年か前は中国がトップでしたが今はベトナムになっています。

①ベトナム204人(28.7%)②フィリピン163人(22.9%)③中国140人(19.7%)
④インドネシア121人(17%)⑤バングラディシュ172.4%)

 尚、在留資格の種類では、以下の通り。
①技能実習生378人、②特定活動112人、③永住者85人、④定住者62人
※フィリピンは永住者・定住者が多い。夏場に減少、冬場に増加。牡蠣養殖業との関連があります。
技能実習生 2号ロ257人、1号ロ121人の計378人

 第2次江田島市総合計画・実施計画では平成31年度から多文化共生推進プランの策定が掲げてあります。牡蠣養殖業ほか水産業、造船業、船舶解体業だけでなく、福祉分野においても外国人市民の増加が予想され、日本人市民の減少とあいまって人口比率も上がります。
 今年度設立予定の国際交流協会えたじまを中心に今後の多文化共生社会に対応できる『まちづくり』も必要です。

※多文化共生推進プランの策定
2次総合計画実施計画において、平成273月時点では平成28年度にプラン策定の予算100万円を計上していたが、現在は平成31年度から策定する予定に変更しています。(予算額200万円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

竹原市議会を訪問

晴れ

33086443_1967522259988463_649390056

33034495_1967522213321801_201011133

 午前中は大古小学校を訪問し、今年度からスタートした3年生、4年生の外国語活動の授業を見学させていただきました。
 午後から議会運営委員会として、「委員会付託」について調査研究のため竹原市議会を訪問。広島県内の14市で唯一、「本会議中心主義」の江田島市議会です。(参考→H29.11.9
 本会議では、会議規則上、議案について3回しか質問出来ません。議会の活性化の一つとして、「委員会付託制度」の導入を検討しています。平成24年当時から議論を重ねています。
 写真は竹原市出身の、日本のウィスキーの父、竹鶴政孝とリタ夫人。改革には時間がかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

H30年度第3回日本語クラブほか

晴れのちくもり
 午前中は市役所にて日本語教育スタートアッププログラム事業のアドバイザーミーティングにボランティアスタッフとして出席しました。

H30_kokusaikouryu

 平成28年(2016)に文化庁のプログラムに採択されて、今年が3年目かつ最終年度ということになります。(→H28.8.24)アドバイザーの犬飼康弘先生(公財ひろしま国際センター 日本語常勤講師)を迎えての会議です。今年度、国際交流協会えたじま(→H30.3.6)が設立された後にどのような形になるのか、そして来年度以降の活動についての意見交換。文化庁は江田島市の取組みについて注目しているとのこと。。
※文化庁への報告資料等→江田島市犬飼先生H28年度報告

32811126_1965516363522386_195158721

32844001_1965516266855729_182840376

 午後から第3回日本語クラブに参加。ゆめタウン江田島店の一角をお借りして昨年度から開催しています。フィリピン3、バンクラディシュ3、ベトナム2、中国2、アメリカ1、日本10(危機管理課、犬飼先生含む)の参加者でした。
 今日は前半が通常のお勉強です。みなさんが持ち寄った教科書やクラブの教材を利用しての学習。

33035970_1965516093522413_688312198

33059921_1965516053522417_177412104

 後半は江田島市役所・危機管理課による防災の出前講座です。台風・大雨・地震・津波などの災害について学んだり、火事の時はどうする?(→消防車)、怪我や病気をしたらどうする?(→救急車)、避難所を教えてもらうことなどの基本情報などを学びました。今後も市の出前講座を活用させて頂ければと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

H30年6月定例会の一般質問受付けについて

くもりのち雨

H30514_notice_of_general_question

 夕方から激しい雨になってきました。少し早いですが、6月には江田島市議会定例会が予定されています。
 左は定例会での一般質問の通告についての議会事務局から各議員に配布された通知書です。
 来週月曜日の5月21日午前9時から5月28日正午までが受付期間となっています。このたびは、(1)職員採用制度について、(2)人口減少対策についての2問を予定しています。
 明日、同僚議員とそれぞれの一般質問について意見交換をする予定です。効果的な質疑応答になるよう有意義な会議にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

H30年オリーブ開花

くもりのち晴れ

32856096_1962478633826159_519525931

 2011年にスタートした『オリーブの島構想』も8年目を迎えています。GWが過ぎた5月中旬から6月初旬がオリーブの開花の季節です。これから島中のオリーブが白い花を咲かせます。
 我が家では鉢植えしているオリーブに開花が見られました。開花は約1週間程度ですが、花が咲いているときに雨が降ると受粉できなくなります。開花期間に雨が少ないことを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

議運による研修予定

くもり
 来週21日に議会運営委員会は竹原市議会研修・視察が予定されています。案件としては、委員会付託について。これまで議会改革のひとつとして提言してきたことが前に進みました。(→H29.10.16H29.11.9
 現在、江田島市議会では当初予算案および決算認定以外は委員会付託を省略しています。昨年の12月定例会から会議規則第37条第3項に則って、「討論を用いないで会議に諮ること」の手続きを踏んでいます。
 今後、議案の委員会付託をするにあたって、直近の改選後に導入した竹原市議会を訪問し、議会運営、定数、議会中継等について意見交換する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

人口減少と外国人市民増加

晴れ

H3051population

 左は5月1日現在の江田島市の住民基本台帳を少し加工したものです。(外国人比率を追記) 人口は前月比で182人増(日本人176増、外国人6増)の2万3776人。
 但し、日本人市民の3月1日現在では2万3189(71減)、4月1日現在は2万2853(前月比336減)。例年も3月~5月にかけて同様の現象があります。ひとつには自衛隊関連の人事異動、ふたつには大学進学や就職による転出増(社会減)ではないかと推測します。
 外国人市民の比率は市全体で3.14%。旧4町では沖美町が最も高く8.3%となっています。日本人市民が少ないのと水産業等に従事する技能実習生が多いのが理由です。4町別では江田島201人、能美162人、沖美261、大柿123人となっており、牡蠣養殖、イワシ網漁などの水産業者が多い地域に居住していることがわかります。

H3051foreign_citizen_in_etajima

 左は平成23年以降の月別住民基本台帳人口の日本人、外国人の別でまとめたものです。各年の色づけしている月はその年で外国人市民が一番多かった月です。
 「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が第171回国会で成立し、平成21年7月15日に公布、平成24年7月9日に施行されたことによって、江田島市も平成23年11月から外国人市民の実数を公開していると思います。
 表を見ていただければ、年々、外国人市民(主に技能実習生)の増加及び比率が高くなってきた推移がよくわかります。実習生は特に水産業の担い手として従事しており、国籍もかつては中国が圧倒的に多かったのですが、現在はベトナムが国別首位になっています。
 今年3月に安芸高田市が全国で初めて人口減少対策として自治体の計画で外国人の移住促進を掲げました。
 計画では地元の経済団体と連携して外国人の労働者を積極的に受け容れるなどして2020年度までに市内に住む外国人の半数に定住してもらうことや、留学生が介護やITについて学ぶ専門学校を市内に誘致し、卒業後も地域で働く環境づくりを進めることなどが盛り込まれています。(→参考動画
 尚、北海道東川町が全国で初めて町立の日本語学校を設立しています。(→報道学校HP)江田島市内の未利用財産(公共施設の役目を終えた土地・建物)を活用した日本語学校誘致も検討してみてはどうかと思います。
 日本に住む外国人は地方でも増加しており、全国の自治体で今後、外国人の定住についての動きが出てくるでしょう。江田島市も近い将来、介護福祉分野においても技能実習生が働くことになるかもしれません。まずは多文化共生推進プランを早急に策定することが必要です。
※多文化共生推進プランの策定
 第2次総合計画実施計画において、平成27年3月時点では平成28年度にプラン策定の予算100万円を計上していたが、現在(→平成29年3月 P38)は平成31年度から策定する予定に変更しています。(予算額200万円)

(記事件数:3800)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

H30仏法壮年会総会

晴れ
 夜、深江地区の宗顕寺に赴き、仏法壮年会の総会に出席しました。まずは本堂にて参加した皆さんと讃佛偈というお経を唱えます。
 その後、別室で今年度の活動計画などを伺い、懇談会です。11名の門徒が先住(前の住職)を囲んで日頃の生活で起こった出来事や地域のことなどを語り合ったり、また、昔話を伺うのも貴重なことです。かつての地域産業や生活スタイルを知ることができます。地域のお寺というのは世代間を越えて絆や縁を繋いでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

江田島市内の散策 5月 in 2018

雨のちくもり

32349398_1956068997800456_874673887

32283724_1956069027800453_412948798

 雨が降った一日でした。午前中から5人グループで江田島市内を散策しました。島の駅『豆ケ島』で美味しい大豆うどんとデザートには豆乳ソフトクリーム。日曜日だったのでお昼時は多くの方々で賑わっていました。

32402270_1956329581107731_359261713

32376696_1956329561107733_915179545

 その後、3年前に能美海上ロッジ(能美温泉)の源泉(含弱放射能-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉)から濃縮還元した瀬戸内海発の「温泉塩」を商品開発した大本哲朗さん(→江田島人物図鑑)の事務所を訪問。写真は竹炭とコラボレーションした温泉塩。そのうちに商品化されると思います。

32536929_1956311104442912_871510840

32313532_1956311094442913_274186063

32294252_1956311964442826_872789786

 今日の最大のイベントは、昨年3月に休館となった能美海上ロッジの先にある島に渡ること。潮が引くといくことが出来ます。(参考→江田島ってどんなとこ? 中町 船霊社
 14時30分の干潮時にあわせて現地へ向かう。島には鳥居と小さな社(やしろ)があります。鳥居を見上げると『船霊社』と書かれていました。
 『船霊』=『ふなだま』、海の民が航海の安全を願う神様です。江田島市の能美島では昔は一杯(いっぱい)船主が多く、主要なエネルギーが石炭のころ、九州の石炭を運ぶ船主も多く、船倉に残った石炭でお風呂屋さんや豆腐屋さんをしていた人たちもいたということを聞いたことがあります。
 もう一つ、江田島市には干潮時にしかいけない、広島県で一番低い標高11mの山、茶臼山(ちゃうすやま、大柿町深江・新開地区)もあります。(参考→江田島へ行こう

 潮が引いた時にしか行けない島が2つもある、そんな面白いエリアを活かしていきたいですね。恵み多き宝の島、江田島(=恵多島、笑多島)です。

【中町・船霊社への道のり】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

『読む紙袋』で江田島市をPR

晴れ

H3059_etajimabag

32222311_1952363911504298_727113892

 5月9日の中国新聞から。江田島市PRのための観光バックが出来ました。地域おこし協力隊員の峰尾亮平さんがボランティアでデザインされた作品です。
 5月6日、能美町高田の光源寺で開催された『えたじま手づくり市』で実物を見させていただきましたが素晴らしい。
 コンセプトは『読む紙袋』。これから市の観光イベントや定住促進フェアなどで配るそうです。この紙袋を手にした皆さんが家に帰るまで、そして、家に帰っても。『目に入る』ことによって江田島市のことを思い出していただけるのではないでしょうか。ひとつ、ひとつの積み重ねが大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«H30年度第1回大柿高校学校活性化地域協議会